青花茶器セット

型番 GA514PD2
販売価格 8,500円(内税)
購入数

「青花」とは、藍色一色で描かれた染付(そめつけ)を表わします。

台湾では「青花」、朝鮮半島では青華白磁といいます。

藍染は、日本ではかつては阿波藩における生産が盛んであり、現在では、徳島県の藍染めは全国的に有名です。

技法は、白い素地に呉須(ごす)という絵具で絵付けし、透明釉をかけて、約1300度の温度と酸素の少ない還元炎(かんげんえん)で焼成されて造られています。

呉須は酸化コバルトを含む鉱物で、天然のものは昔から希少であり、江戸時代でも中国から輸入されていました。

本品は青花の外周にゴールドのラインを書き上げたデザインです。

茶壷×1:高さ:8cm 口径(外側):8cm 口径(内側):5cm 重量:190g 容量:200ml
茶海×1:高さ:8.5cm 口径(外側):7.6cm 口径(内側):4.2cm 重量:170g 容量:200ml
茶杯×2:高さ:5cm 口径:5.7cm 重量:60g 容量:80ml

写真と商品の相違の可能性が多少あるので,ご了承下さい。

US FDA 7117.06 & 7117.07 TEST REPORT US California Proposition 65 TEST REPORT European Union (E.U) EC TEST REPORT

米国FDAおよびカリフォルニア州、EUの各基準を通過しており、安全性にも高い配慮がなされております。


この商品を買った人はこんな商品も買ってます


台湾の逸品